top of page

~夜の森からお届けします~

~幻想的な蛍観察ツアー~

奄美大島は、世界自然遺産に登録され素晴らしい大自然で知られています。

その中でも特に幻想的な体験ができるのが、夜の蛍観察ツアーです。


ホタルってどこで見れると思いますか?

日本人のほとんどの方は水のきれいな川辺にいる

そう答えるでしょう。


実は、世界中にいるホタルのほとんどは陸生ホタル(森の中にいる蛍)

日本では46種のホタルが確認されており、水生ホタルはその中の4種類です。

水生ホタルは世界でも5種類しかいません。

水生ホタルは世界のホタルの中でも非常に珍しいのです。


奄美大島の蛍は陸生ホタルであり、その輝きはまるで魔法のように夜の森を彩ります。


蛍観察のベストタイミングは、雨が降った後の風がない夜、新月のような真っ暗な夜です。

条件が整うと、蛍の光が一層鮮明に見え、その美しさを最大限に楽しむことができます。

特に6月下旬からが見ごろとなりますので、この時期に訪れるのがおすすめです。


蛍観察のために森の中を歩くと、奄美大島の森の深さと神秘を感じることができます。

足元には湿った落ち葉、森は色々な生き物の鳴き声が響き渡ります。

この豊かな音のハーモニーは、夜の静寂と相まって心地よい空間を作り出します。


森の中を進むと、頭上には満天の星空が広がり、天の川がくっきりと見えることもあります。

まるで宇宙のような感覚、蛍の光と相まって幻想的な空間を創り出します。


蛍だけでなく、奄美大島の夜の森にはさまざまな生き物たちが生息しています。

夜行性の動物や昆虫たちが活動する姿を見ることができる。

これらの生き物たちとの出会いも、蛍観察の魅力の一つです。


奄美大島の夜の森での蛍観察は、日常では味わえない特別な体験です。

この神秘的なひとときをぜひお楽しみください。


日本で一番蛍が見られる
幻想的な森で頭上には満天の星空

奄美大島のホタルはどんなホタル?

奄美で見られるホタルは9種類

  • オキナワクシヒゲホタル

  • オキナワスジボタル

  • キイロスジボタル

  • アマミアカミナミボタル

  • アマミクロミナミボタル

  • アマミヒゲボタル

  • アマミマドボタル

  • スジグロボタル

  • クロイワボタル

蛍ツアーで主に観察するホタルはキイロスジボタル

南西諸島に生息する小型のホタル

体長は5ミリほど

川ではなく森で観察する

3ヶ月ほど観察できる

寿命は1週間ほど

体色は黄色で頭部と脚は黒色

発光は点滅ではなく点きっぱなしで長く光る

見え方は蛍と星の区別がつかない

成虫になってからは水しか飲まない


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page